新規営農資金が一番少ない野菜の露地栽培

農業を始めるのには、結構な資金がかかります。

それに対して実際に利益が出てくるのは、3~5年位かかります。

その間は、生活するお金が必要にっなてきます。

営農資金と、生活資金で相当な資金が必要になってしまうことを考えると・・・

できるだけ営農資金がかからいもので開業するようにしないと、生活していくことができなくなる恐れがあります。

一番資金が必要になるのは酪農で、初年度だけで1500万円は必要となると思います。


牛、牛舎、搾乳施設、人件費、牧草などの飼料費用など、牧草を自身で作るのならば、逆に収穫用のトラクターなども必要になります。

どうしても最初は多額の費用がかかってしまうので、よほど資金がなければ、酪農を始めることは困難でしょう。

食べ物ではなく、園芸用の花を再生産して販売する花卉栽培という方法もあります。この場合は、どのぐらいの営農費用がかかるかというと、一番は温室施設です。

もちろん建物だけでなく、暖房機が必要になりますし、燃料も必要になってきます。これにも、1000万円ぐらいの営農資金は必要になってくるでしょう。

次に稲作など、穀物の栽培ですが、食べていくだけの収入にするにはかなり大規模な土地に生産しなければなりません。

となるて、とても人の労働だけでは無理なので、大型の農業機器が必要になります。800万円ぐらいは、1年目の営農資金が必要になるでしょう。

これかを考えるとゃっぱり現実的なのは、初年度の営農資金が400万円ぐらいで始められる野菜の露地栽培ではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました