国からの3つの農業のための支援資金

国が行っている就農支援資金には3つのものがあります。

  1. 就農研修資金-先進農家、農業法人、農業大学などで農業技術を週宅するための資金を融資してくれるものです。農業大学では月5万円までの支給、新たに農業を始める人が認定された農家で研修する場合は月15万円で2年間。
  2. 就農準備資金-就農先を探したり、就農のための住居を移転する費用、資格取得などの費用として資金の融資で200万円までの融資です。
  3. 就農施設等資金-農業機械、設備施設の購入や、それらの修繕修理の費用、またそれらのリース費用、運転資金として、種や苗の費用なども融資の対象になります。

そのほかにも、都道府県市町村などの支援もあります。
これは、都道府県市町村ごとに異なるので、それぞれ調べてほしいと思いますが、農地の賃借料の女性や、国の支援資金の償還の免除などの支援もあるようです。


これらの支援は、今年から始まった青年就農給付金ではなくずっと前から行われていたものですが、青年就農給付金と合わせて利用することで、農業を始めるための資金となるでしょう。

またこれらは、就農支援資金制度を利用のとこので説明したように無利子の融資となります。

青年就農給付金は45歳未満対象ですが、この支援資金は、15歳以上、65未満が対象になっています。

申込み手続きは、都道府県知事に「就農計画書」を提出して、審査を経て、認定就農者になり、貸し付け申請書、週舞う計画認定通知書のコピーを添付して、農協もしくは、青年農業者支援センターに申込みます。

もちろん、申込みすれば融資してもらえるわけではなく、ここで、貸し付けの審査が行われますので、審査に通らなければ融資は受けられません。

タイトルとURLをコピーしました