農業経営が成り立つ売り上げはどれぐらい?1000万円が平均

農業経営が成り立つ農産物の売り上げは年間1000万円ぐらいが平均とされています。

野菜の露地栽培などでしたら、700万円ぐらいの年間売り上げがあれば、農業で食べていけるというめどが立つと思います。

年数的には、3年ぐらいはで成り立つようにしたいところですが、現実的には5年位かかることもあるようです。

規模を拡大すれば、売り上げがあがるわけですが、その分経費は増します。

特に労働力というコストは簡単には補えず、自分に負担をかけすぎて、体を壊してしまうようなことがないように、無理をしないことも大切です。

経営が成り立ち安定してからならばいいですが、農地の規模を成り立つ前に拡大しすぎるのは、かえっていつまでたっても採算がとれないようなことになりますので、焦らないようにしました。

6年位かければ、ほとんどの場合は、農業経営が成り立つと思います。

逆にいうと、6年かけても、農業だけで生計が立たないのでしたら、もともとの計画が間違っているか、計画通りに行っていない問題点があると思います。

その場合は、計画自体を根本から見直さなければならないという事になります。

一つの区切りとして3年で600万円以上の売り上げ、5年で1000万円以上の売り上げにならないようでしたら、もう一度すべてを見直すべき段階にあると思います。

その場合、農業だけでなく、他の仕事を収入をえて、兼業農家として生計を立てるこことも1つの方法だと思います。

実際に、日本では兼業農家がたくさんいるわけですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました