自宅カフェ週末カフェ開業方法

自宅カフェ開業 飲食系の自宅開業仕事

カフェ開業資金

自宅カフェ開業カフェ開業に必要な資金は1000万円ぐらいが平均です。開業するにはやはりお金がかかるものです。

ですが自宅カフェであればもっと節約することもできるでしょう。

300万円~500万円程度の資金が調達できれば、開業することができます。

お金をかけるばかりではなく、アイデア次第で良いカフェづくりができることも覚えておきましょう。

しかしながら、最も重要なことは資金の調達方法です。

資金を調達する方法はいくつかあります。

まず最初の方法は開業資金を現金で貯めることです。

そのためには、数年開業のために貯蓄をしていく必要があります。

これだけの資金を貯蓄することは大変ですが、夢のためであれば今やっている仕事も頑張れますよね。

しかしながら、開業資金を現金で持ち合わせていないけどカフェを開業したい人も多いでしょう。そういった方々は融資を受けてみることをおすすめします。

資金の借入先なのですが金融公庫に最初に相談するのが良いかと思われます。

いずれにしても多額の費用がかかるカフェの開業ですので、しっかりと計画を練って成功させたいですよね。

保健所の営業許可

カフェを開くためには保健所に営業許可が必要です。自宅で開業する場合も同じです。

営業許可自体はカフェを開く設計図や計画などができてから申請することになります。

しかし、その計画自体が営業許可をもらえない計画であれば元も子もありません。

また、カフェの設計も許可がおりないようなつくりで作ってしまったら、とんでもないことが起こります。

営業許可についてはインターネットで検索すれば概要がわかります。

しかしインターネットで得た情報だけではなく、保健所に早めに相談しておくようにしましょう。

自宅カフェを開業する地域によって注意すべき事案もあるかもしれませんので、実際に保健所に足を運んでみましょう。

飲食店 保健所 検査 内容

保健所が行う検査として食品衛生監視指導があります。

食品衛生監視指導は飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止するために行われます。

飲食店ですから、食中毒などが起こるような不衛生な状態で経営されていないかを検査されます。

ですから、こういった指導がいつ行われても良いように、清潔な環境を保つ必要があります。

もしも指摘があったとしても、いきなり営業停止が出るケースはほとんどありません。

改善の余地があれば、必要な措置をとることで最悪の事態は回避できるでしょう。

必要な資格

自宅カフェを開くために、絶対に必要な資格は「食品衛生責任者資格」です。

この資格がないとカフェを開業することはできません。

なんだか難しい資格のようですが、心配はありません。1日受講すればとれる資格なのです。

ですから、資格という意味では、カフェ開業のハードルは高いものではありません。

必要な厨房設備

厨房の設備は、出したいメニューによって変わります。豊富なメニューや本格的な料理も出したいのであれば、設備投資はかなり必要となります。

逆に自宅ならではのアットホームなカフェにするのであれば、予算を節約することもできるでしょう。

週末カフェ

普段は別の仕事をしていても、週末だけカフェを営業するということもできます。

例えば平日に仕事をしている人が週末だけ自宅カフェを開くといった働き方もできますし、お客さんが多いときだけ仕事がしたい人に良い働き方です。

また旅行などで店を休むことも自由です。

自由なライフスタイルで働くことができること、それが自宅カフェの最大の魅力です。

自宅カフェ失敗例

自宅カフェの失敗は自宅の立地と関係します。

最初から自宅カフェを開業しようと思って家を建てた人であれば心配することなくカフェを開くことができると思います。

ですが、大抵自宅でカフェを開業する方はそこまで考えて家を建てたわけではないという方が多いのです。

ですから、家が郊外で人通りが少ない方は立地条件でカフェ経営が不利になってしまいます。

自宅カフェの最大の失敗は、お客さんが入らないことです。

だからといってあきらめる必要はありません。郊外で経営するカフェでも成功しているケースはたくさんあります。

地域のコミュニティを大切にして近所のお客さんで繁盛させることもできます。

それに郊外ならではの独特の雰囲気づくりをすることで、クチコミで広がり隠れ家のようなお店づくりをすることもできます。

アイデア次第でカフェを成功させることもできるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました