借家やアパートを借りて塾教室を開業する方法・自宅にスペースがない場合も学習塾開業は小資金でできる

自宅開業

自宅に教室にする場所が無い場合、

また庭先にプレハブなどを億スペースが無い場合、

どうしたって場所を借りて教室を開かざるおえません。

しかしテナントなどはとても高くて資金が必要になり、

その分リスクも高くなってしまいます。

スポンサーリンク

借家やアパートを塾教室に借りる

駅から離れていて、バスなどを利用しないといけない地域であれば、

一般の借家やアパートでも塾教室は開業できます。

実際に私が最初に始めた教室は、ものすごく古い借家でした。

しかも、借家といっても昔風の長屋みたいなもので、

隣の家と棟続きになっている所でした。

大家さんの許可が必要

塾教室となると子供が沢山やってくるわけですし、

部屋に何人も入室するわけですから、

住居として利用するのとは異なります。

ですので、どこでも貸してもらえる訳ではありません。

他の入居者に迷惑のかからるのを心配するのがオーナーとしては当然ですからね。

ですから、なるべくであれば借家の方が良いわけですが……

どこにでも都合の良い物件があるわけではないですね。

大きな一軒家だと家賃も高かったりするでしょうし。

その場合は、アパートやマンションを借りる事になります。

その場合騒音の事を考えると、鉄筋コンクリート造りの方がいいですが、

やはり新しいものだと家賃も高いですし、人気があれば空きが出ても、

直ぐに入居者が見つかるでしょうからイレギュラーな教室としての借用は

受けいれてもらえない事が多いでしょう。

自分で歩いて探す

中学校校の通学圏内で、自分で歩き回って、

なるべく大きな通り沿いで、通学路に面した物件がいいです。

もちろん新興住宅地が近くにあって、当分の間子供が増えそうな地域が理想です。

あまり学校に近すぎると生徒は嫌がる場合も有りますので、

そこそこの距離にある方がいいでしょう。

騒音のことを考えると、アパートやマンションだと、一階の方が良さそうですが、

運動会をする分けてはないので、鉄筋であれば二階以上でも問題無しです。

道路からの出入りのしやすさという点では一階の方が良いという考えもありますが、

私はマンションの二階の二部屋を借り塾を運営していましたが、

鉄筋だったことともあって全然問題はありませんでした。

むしろ二階の方が、より遠くからでも目立って良かったと思います。

歩いて探すことで、色々な事が分かってきます。

空き室が多いところなども、ポストなどをみれば把握できます。

角部屋が空いていればその方が良いですし、

もしかすると借家が見つかるかも知れませんし。

入居者を募集しているところは、管理している不動産会社の電話番号などがあるでしょうから、

ちゃんとメモしておくといいでしょう。

そうやっていくつか候補を見つけるようにするといいでしょう。

実際に私は、一週間ぐらい歩きか回って周囲の状況を確認してから、

教室に利用する物件を決めるていました。

時間帯を変えて、朝と夜の通学時間帯に回ると、

何か気づきがあったりする事もあるのでやっておきましょう。

不動産会社に依頼する

開校する地域が決まっているのであれば、地元の不動産会社に連絡して、

教室として借りたいという事を前提にして探してもらうのもありです。

私は、昔地元の不動産会社でなく、駅前まで行って、

アパマンに依頼したことがあります。

以外とむげにされる事はなく、ちゃんとひく受けてくれました。

ダメかな~と思っていたのですが、

2週間ぐらいたってから、「可能な物件が見つかりました」と担当者から電話をもらったことがあります。

その時には既に地元の不動産会社で物件を見つけていたので断りましたが、

空いているところの大家さんに一軒一軒連絡を取って聞いてくれたもようです。

今は古くなって空きが出て困っている所も多いはずですから、

特に駅から離れた住宅地とか家賃を安くしても、古くなるとなかなか借り手がいないとか有りますので、

喜んで貸してくれる人もいますからね。

自転車を置くスペースに注意

物件を聴ける前に注意して欲しいのが駐輪場所

駅から離れた郊外の住宅地に教室を持つことを前提としていますので

(駅近は資本力のあるところが強いので無理ですし家賃も高いので)

生徒はたいてい自転車でやってきます。

物件を借りた後で、駐輪場所がない事に気づいたら大変な事になります。

最大同時刻にやってくる生徒の駐輪のスペースは最低限必要ですし、

入れ替えでやってくる生徒と重なる場合がありますから、

その文まで考えるとかなりの場所を必要とします。

道路にはみ出して問題になったり、

たの住人に迷惑をかけることになると、そこに居られなくなる可能性もあります。

ですから教室を借りる時には、駐輪スペースについて、

不動産会社にちゃんと確認を取っておき必要があります。

場合によっては、駐車場を別途駐輪スペース用に借りる必要も出てくるでしょぅ。

スポンサーリンク

自分で開業する方がはるかにリスクが少ない

自宅で塾を開業する方法の方にも書いていますが、

FCに加盟すると、40%~60%の売上羽持って行かれてしまいます。

最初に、加盟金や教材費や研修費からで、

安くても数十万、普通は数百万取られます。

塾の数と子供の数からすると、平均20人~30人前後しか、

一つの教室で確保できない計算になるとも以前~言われている実態もあります。

そんな中で、そのような条件で開業しても、

殆どが1教室では利益なんて雀の涙、というか当分のあいだ赤字になる可能性大です。

そしてそのまま継続できず終わるなんて事もあります。

FC自体は、それでも痛くもかゆくもないようにできているのです。

それなのに指導方法とか教材とかは、独自の指導をあみだしたりして

独自性を打ち出せないですから、やりがいも全然無いと思います。

その資金があるのであれば、自分で開業した方がずっと有意義でリスクが少なくてすみます。

だいたい融資を受けるなんて必要も無いでしょうし。

アパートや、借家だったら、礼金敷金も交渉次第で抑えられます。

さらに自力では困難で心配という方は、格安で、コンサルも承っております。

ご相談だけなら無料ですので、塾を開業したいという方はお問い合わせください。

自営の達人プロフィール
大学卒業後就職し90万円ほど貯めて、24歳の時に学習塾を開業。1997年オンライン通販開始2000年WEBビジネス開始以降今はネットビジネスが中心となっていますが、30年以上自営業で生きています。今も...

 

 

タイトルとURLをコピーしました