月6000円で0から始めるSNS連動アフリ教えます!

2020年でも通用するアフリエイト手法をゼロから教えます。

詳細はこちらです。

来る不況とコロナ第2波に備えプログラミング講座、WEBスキルで在宅勤務・在宅仕事収入で備えよ

オンラインプログラミング講座で在宅収入へ緊急事態宣言解除でまだ不況を実感できていない人は多いです。

飲食店とか観光産業など直にダメージを受けている人は別として、

実体経済に反映するのはもう少し後なので、実感が無いだけです。

でもまだ世界での感染は治まっていませんから、むしろ不況は大きくなる可能性大です。

さぷふライも問題から始まって、リーマンブラサーズ不況のときは、サービス業や飲食業が雇用の受け皿になりましたが、

今回は、その受け皿が逆に、雇用を激減させている状況です。

たぶん、店舗やオフィス需要もへって、不動産にも来年あたり来るのではないかと思います。

これから仕事があるのは、IT関係と、農業と、介護と、医療と、スパーなどでしょう。

来年の就職難も予想されますし、アルバイトも、以前ほどの求人には回復しないかも知れません、

これらを踏まえて今、将来の収入の事を考えるのであれば、プログラミングスキル、

WEB関連スキルを身につけておくことです。

第2波がイタとしてもテレワークで仕事ができますし、

就職や転職を考える若者だけではなく、リストラや、定年後の収入確保、

自宅で副業で収入をと考える、中高年、主婦などもプログラミングスキルを身につけておくべきだと思います。

今後も需要は減ることはないでしょうから、必ず薬に立つはずです。

在宅でプログラミングスキルを学ぶ

仕事をしながら継続して学ぶのだったら、自宅で学習できる方がいいですね。

書籍やWEBで学ぼうと思えば学べないことはありません。

ただ、やはり何から始めたら良いのか・・・

分からない事がなかなか解決できなかったり、

私も実際PHP、Perl、Javaなど、自分で作ったりしたかったので、

書籍を買い込んだりして、多少はできるようになりましたが、

酷く効率が悪く、また途中で投げ出しては、

またやり直すので、結局初めのところをかじるばかりで、

一向に至急者レベルを脱することができませんでした。

まずは独学に挑戦して見る

できるだけお金をかけずに学びたいところですが、

自学自習が身についている人でないと、なかなか自力で仕事ができるリベルに持って行くのは大変です。

それができるかどうかは、実際にやってみると分かるので、

まずPHPなどの本を購入して、学んでみるといいと思います。

もしかすると、あなたは独学で学べる方かもしれませんからね。

それでダメそうだったら、オンライン講座を利用するといいと思います。

教室に通うのはやっぱり大変だと思いますからね。

どんなプログラミング言語を学ぶべきか?

一口にプログラミングといっても、沢山の言語があります。

言語によって、使われる場所が異なるので、

何をした如何によって言語を選ぶべきでしょう。

就職を考えるのか、在宅で副業するとか、自分でビジネスしたいとか、

その目的にも色々なものがあるでしょうし、

WEBを作るときに役立つ言語、例えばワードプレスのプラグインを作るとか、

15年以上も前ですが、CGI掲示板や送信フォームを作るのに、

Perlという言語が良く使われていて、その後phpなどが人気になったとかありました。

その他にも、SNSの作成などに使われる言語とか、

通信やインフラに使われる言語とか、

スマフォアプリなどに使われる言語とか、

エクセルなどマイクロソフト系のソフトに使われる言語など、

実に様々な言語がありますので、まずは、どんな言語を学ぶか、

自分に向いている言語は何なのか、それを見極め、

さらに言語にも流行廃りがあるので、将来性も考えて選ぶ必要があります。

では、代表的な言語について、取り上げて見ようと思います。

Python (パイソン)

AIつまり人工知能に使われる言語として、今人気がある言語です。

先端分野の開発にも使われてもいます。

マシン語とか機械語とかいわれる言語です。

文法が平易なので、初心者が取り組み安いとも言われています。

使える範囲もとても広く、人工知能だけでなく、

Webアプリ、デスクトップアプリ、また最近よく耳にするビッグデータの解析にも使われます。

実際に使われいてるものとしては、誰もが知るInstagram、YouTubeなどは、

このPythonで作られています。

実は、Pythonはフレームワークという機能を使えます。

これを使えば、その機能をプログラミングできなくても、

用意されているものを使うことができるので、

直ぐにwebアプリケーションなどを使えるようになるのです。

ただし、Pythonの言語そのものの学習とフレームワークの書き方は、

また別の内容なので、その両方を学ばないといけないことになります。

またフレームワークは用意されている機能を使うので、

それ自体の機能のプログラミングができないことにもなります。

便利で、早くアプリを作れる、効率も生産性も良いものになりますが、

ただ使うだけだと中身自体は理解できない状態というになりえます。

たとえば、Instagramは、Python のDjangoというフレームワークを使って構築されたWebアプリケーションです。

PHPという言語でできる事

Webサイトやアプリを開発するのに使われている言語で、

初心者向けのプログラミング言語です。

JavaやCなどよりもずっと簡単だと思います。

また沢山の日本語WEB解説サイトがあるので、独学でも学びやすいです。

htmlと合わせて使うことができ、WEbサイトで動的な動作をさせたいのであれば、

とっても簡単にある程度の事ができます。

掲示板や、チャット、メール送信フォームなども作れる様になります。

ワードプレスのプラグインを作りたい場合はphpを学ぶと良いでしょう。

WordPress自体もphpとMySQL(データベース)を利用して作られています。

phpはデータベースと連携するのに便利な言語です。

ショッピングカートなどもphpで作られています。

htmlとsccとphpでWEBサイト作りで色々な事ができるようになります。

ただしサーバーサイドのスクリプト言語なので、

WEBとしてサーバにアップロードして使うことになるので、

自分のパソコン上だけでは、動作が確認できなかったりします。(方法はありますが)

ですので、WebサービスやWebアプリ以外ではあまり使いどころがありません

その点がPythonとは異なる大きな違いです。

ここで、PythonとPHPどっちが良いのか迷ってしまった方もいると思うので、

以下にあらためてその違いをまとめます。

PHPとPythonの違い、どっちがいい?

Pythonは、文法がかなり制限されていて、

書き方に融通性がないので、既に他の言語を学んでいる方には、

なんか堅苦しくて剣道に感じるかもしれません。

逆に初学者にとっては、誰が作っても同じようになり、

それを見て解読するときも、分かりやすいので、

サンプルプログラムを見て学びやすいと思います。

プログラムに比べて書き方の自由度は全く

多少書き方が違っていても同じような動作をするので

それを見て解読するのがちょっと面倒な事があります。

逆に言うと多人数で作業する場合、他人の書いた部分を理解しやすい

という利点があります。

その点PHPは比較的比較的緩やかななので、

自由書き方ができる分、なれてくれば書きやすいですし、

自分なりの書き方ができます。

つまり他人と共有するときに、説明する必要があったりする可能性があります。

だから、人のを見て学ぶには、融通性のないPythonの方が分かりやすいかもしれません。

PHPはWebに特化したプログラムで、それ以外のことには苦手です。

Pythonは、phpにてできる事もできますし、その他の事も色々できます。

ただPHPがデータベースMySQLを使うのに対して、

Pythonは、MySQLを使わないので、同じようにデータベースのようなことをする場合、

MongoDBを使うことになりますので、データベースとして定番のものが使えません。

しかしMongoDBはMySQLほど普及していないものの、今使われる事が多くなっています。

そして、MySQLでデータを処理するよりも、圧倒的に早いので、

ビックデータの解析にはPython+MongoDBが最強ということになっています。

ただそこまで扱うのであれば、そちらの仕組みも勉強しないといけません。

PHPにたいして日本語解説サイトが少ないので、

またできる事も多いため、プログラミング初学者が、

独学で、仕事がもらえる様にレベルのスキルを身につけるのは大変そうです。

Pythonを学ぶのであれば、オンラインプログラミング講座で学んでしまった方が、

おそらく近道ではないかと思います。

求人募集の多さは、PHPが圧倒的です。

WEBで今使われているのは、PHPが殆どで、WEBサイトの構築は、

ものすごい数になりますから、PHPの求人が多いのも当然です。

ただは、今後はPythonの需要が高まると、もともと少ないので、

Pythonを使う人は足りなくなる可能性が高いと思います。

Rubyは最も使いやすいプラミング言語?

さて、Python、PHPときましたが、学びやすさと言う点では、

Rubyは簡単ではありませんし、Python同様PHPほどは普及していません。

ただし、とても色々な事に使える、また動作が速くデータベースも

扱いやすいので、それなりに人気のある言語です。

Rubyにもフレームワークである、「Ruby on Rails」があります。

香辛料から選んで、カレーをつくるのではなく、

カレー粉利用してカレーを作るみたいなのが、

フレームワークで、フレームワークを利用するとより短時間で簡単に、

WEBアプリケーションなどが作れるというのは、

Pythonのフレームワークと同じことです。

ただし、初学者にとっては難題のオブジェクト指向が一番強い言語なので、

言語としてのパワーがあり、扱いやすいという点はありますが、

この記事で、これからゼロから学ぶという話とはかなりかけ離れるので、

ここではこれ以上は触れないでおきます。

JavaScriptはウェブページの機能強化言語

ウェブページに色々な機能を追加したいときに仕え言語です。

簡単にいうとPythonやc++が色々な事ができる言語に対して

Ruby、PHPよりの言語です。

ただし、Ruby、PHPはサーバーサイドプログラミングで、

たいていの場合データベースとWEBページを連携するときに使います。

JavaScriptクライアントサイドプログラミングでWEBページだけで

何か機能させたいときに使うイメージです。

かなり要約しているイメージ時はありますけれど・・・。

(ただし、サーバーサイドで働くJavaScriptもあるにはあります。)

WEBを作るに必要なHTML 、そしてCSSがありますが、

それにJavaScriptで機能を増やすという感じで使う言語です。

 

2020年人気プラミング言語ランキング

これを探るため、日経 xTECHでは2018年に引き続き「プログラミング言語実態調査」のアンケートをWebサイト上で実施した。調査期間は2019年9月26日~10月18日。440人の会員から回答を得た。 ここでは、調査結果から明らかになったプログラミング言語の人気ランキングを紹介する。https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00124/022700001/

こちらを見るとPythonが2位になっていますね。
ただあくまで、日経 xTECHさんのアンケート調査ですので、

他のところでは違うランキングになっているので、

あくまで日本全体とか、回全体ではないです。

ただ1位はたいていの場合、C++です。

ただ、学生が専門学校や、大学などで、本格的に

プログラマーとして0から学ぶのであれば、基本になる言語ですし、

これを学べば他の言語を学んでいく基礎もできますか当然だと思います。

しかし、これからオンライン講座や独学で、文系の人とかが学ぶとしたら、

C++かなり敷居が高く、挫折すると思いますし、

実用的な仕事に結びつけるまでには時間もかかると思います。

オンラインプログラミング講座の費用と選び方

オンラインプログラミング講座は、年齢や目的によって異なります。

就職か転職とセットになった講座もあるので、

無料で学べたりするところもあるので、選び方は重要です。

【GEEK JOB】無料のプログラミング学習&就職支援

20歳代の方は、無料で受講できて、就職先、転職先もお世話してくれる。

実に若者にはありがたい存在。

【GEEK JOB】未経験からプログラマーへの転職率95.1%!20代第二新卒/フリーター向け
参加者の71.6%はパソコン初心者で転職成功率は95.1%という実績。
IT業界以外で働いている人、何のスキルも無く、安月給で働く契約社員や、
フリーターの方は、20歳代のうちにここで、将来の不安と、
年収のUPを図っておくといいと思います。
体験会や通学(セミナー受講)をオンラインで実施しているので、
全部オンラインでできますから、とっても便利です。
転職コースと大学生就職コースは最短1ヶ月~最長3ヶ月間で無料と
凄いわけですが、有料のコースもかなり安いと思います。
「Webアプリ学習コース」
社会人 / 132,000円(税込)大学生 / 66,000円(税込)
ますば、「オンラインで無料体験&キャリア相談」があるので、
相談してみるといいと思います!



【TechAcademy】今後フリーランスとして働きたい方

こちらも就職/転職を目指す方にもいいとも思いますが、

好きな言語のコースを自由に学べるので、

自宅でフリーランスとして収入を得たい方にお勧めします。

オンライン完結で全て自宅で学ぶことができます。

私の様に独学で挫折した方には最適だと思うのは、

受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンタがつき、

チャットで質問すればすぐに回答が返ってくると言う点、

そして、オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポートと言う点です。

つまりあるツールを作って売りたいなど、

自分でこういうツールがあったらもっと効率よく稼げるのに、

など考えたことのある方には、とっても魅力的だと思います。

対応言語も豊富です。

・Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)
・PHP/Laravelコース
・Pythonコース
・フロントエンドコース
・WordPressコース
・iPhoneアプリコース
・Androidアプリコース
・Unityコース
・はじめてのプログラミングコース
・Webデザインコース
・UI/UXデザインコース
・Webディレクションコース
・Webマーケティングコース
・Javaエンジニアコース
・ブロックチェーンコース
・Node.jsコース
・Scalaコース
単純なプログラム言語学習だけで無く、
WordPressコースとか、iPhoneアプリコース、Androidアプリコースなどもあり、
こんなアプリを作りたいという希望も叶えられるのではないかと思います。
利用者も10代~40代と幅広く、年齢関係なく学べます。
まずは無料体験コースがあるので、試してみてはどうかと思います。



【CodeCamp】現役エンジニアによるオンラインプログラミングスクール

Webサービス開発、アプリ開発などを幅広く学習する事ができる、

マンツーマン指導のプログラミングスクールで受講者20,000名以上実績があります。

オンラインで365日/7時〜24時迄、時間と場所を選ばずに学習できるのが魅力です。

プログラミング言語は、WEBアプリケーション、サーバサイド系のPHP、JAVA、Rubyなど

iOS/Android両方のアプリ開発のアプリマスターコーススマフォアプリ開発系などがあります。

期間が限定されてすいますが、Pythonデータサイエンスコースもあります。

プログラム言語学習以外にも、Photoshop、illustrator、WordPressなどのコースもあります。

料金が他者と比べてとても安い印象で、特にスクールにありがちな、

入学金が10万円以上というのがなく、2月(20回)、4ヶ月(40回)、6ヶ月(60回)コースとも、

入学金はたったの1万円です。

人気なのは、それぞれの期間内のレッスン受け放題コースです。

興味があれば、無料体験レッスン受講してみるといいでしょう。



 Aidemy PremiumオンラインAIプログラミングスクール

こちらは、AIや機械学習などの最先端技術を身につけたい方向けです。

AI人工知能プログラミングの仕事をしたい、転職したいなど、

初学者の方でも学べますが、個人的には、

ある程度プログラミングをかじったことがある人が、

人工知能プログラミングの密に進みたいという場合にいいと思います。

3ヶ月間集中して「AIプログラミング」を習得するオンラインコーチングサービスです。

画像認識やデータ解析などのプログラミングを学べますので、

新型コロナ感染対策で注目されている技術として、

今まさに必要とされている分野のプログラミングになりますし、

今後も必要とされる最先端の仕事ができると思います。

Pythonを基礎から学べ、Pythonでのデータ操作つまりライブラリの使い方まで

本格的にPythonを学びたい方にいいと思います。

実績も会員登録者数 65,000名突破、

第16回 日本e-Learning大賞「AI・人工知能特別部門賞」受賞と申し分なしです。

興味のある方は無料オンライン相談を予約しましょう。

通学向けプログラミングスクール

オンラインだとなかなか続かないし、

対面でおしえて貰いたいという方は、

主婦や学生さんなど、時間さえあるのであれば、

スクールに通うという方法もありますね。

Tech Boostオリジナルカリキュラム転職サポート付き

こちらは、月額29,800 円から学べるプログラミングスクールです。

1都3県の東京近郊であれば、教室で学ぶ事ができます。


また、教室に行かずにオンラインでも学ぶことができます。

教室の利用時間は自由になっていて、

平日は10:00~22:00、土日は10:00~19:00で自由学べます。

転職支援サービスだけでなく、独立支援サービスもあります。

学習内容は、ただ与えられた言語を学ぶのでは無く、

一人一人に合ったオリジナルカリキュラムを提案してくれます。

ですから、こういうことを実現させたい。

というものがあれば、それに最適なカリキュラムを提案してもらえるのです。

オリジナルWebアプリケーションを開発したいとかいう希望があるのであれば

まずは、無料説明会参加に参加してみましょう。


POTEPAN CAMP

基本的に、Ruby on RailsでWEBアプリヶーションを作る事を目的とする

プログラミング学習者向けで、c++やPythonのような機械語プログラムコースはありません。

Ruby on Railsを使用したアプリケーションを開発する選抜クラス キャリアコースや、

Ruby on Railsチュートリアルの学習から始める、選抜クラス ビギナーコース

これからプログラミングを初めたい方、

プログラミングの基礎を身につけたい方のためのオープンクラスがあります。

転職目的でWEBアプリヶーション開発プログラマーを目指す方には、

転職サポートでは、履歴書や経歴書のチェック、ポートフォリオの調整までしてくれるので、

現在働きながら、自宅でプログラミングを学んで転職したいという方にいいと思います。



【.pro】Python特化型プログラミングスクール

そう、こちらは前述した将来性の期待できる、

Pythonに特化したプログラミング学習ができます。

受講生の約90%は未経験からで、18~40歳男性だけでなく、

18~30歳主婦・OLも学んでいますので、女性も安心して大丈夫です。

役エンジニアやAIの研究者が教える実践形式のカリキュラムで、

かなり専門的なところまで6ヶ月間かけて学べます。

WEBから無料個別相談ができます。

【DMM WEBCAMP】転職を保証

転職保証がついているので、未経験からIT業界へ転職を求めている方へおすす。

経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座に認定され厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座となっています。

経済産業省 第4回「第四次産業革命スキル習得講座」を認定しました。
https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190520005/20190520005.html

つまり教育訓練経費の最大70%が支給されます。

最大560,000円というとっても凄い支援額です。

ただし私の様な個人事業主ではダメです、3年以上働いていて、退職から1年いないでないと、

対象にはならないと思いますので、受給資格は最寄りのハローワークで確認して下さい。

学習内容は一ヶ月目は、サイト制作やアプリ開発に必須のプログラミングを学びます。

言語的には、 HTML、 CSS、 JS、 jQuery、 Ruby、 Rails などですので、機械語である、Pythonはおそらく範囲に入りません。

二ヶ月目は、受講生同士でチームを組み、ECサイトの開発します。

三ヶ月目は、ゼロからサービスの企画や設計、開発、リリースを行い、Web開発のすべての工程を学ぶというスタイルです。

教室は、新宿、渋谷、難波で、月曜から日曜(※金曜日は閉館)の11時から22時まで自分の好きな時間に使い放題で、

明確な時間割はなく、自分のペースで学ぶことができ、(チームで合わせる時もあり)
教室にいるメンターにいつでも質問する形で学習していけます。


費用が捻出できないできるだけ安く学びたい方

マンツーマンや個別指導、メンターがつくとどうしても費用が高くなります。

独学だけではなかなか困難ですが、教材とちょっとしたサポートがあればいいと言う方向けのものもあります。

【Udemy】オンライン学習プラットフォーム

米国シリコンバレー発祥の世界最大級のオンライン学習プラットフォームで、

日本向けにはベネッセが行っているサービスです。

なんといっても費用が安くて、1講座あたり数千~数万円程度で実践的な内容が学べます。

数万円のものも、月に2回程度のセールがあり、

1500円~2000円ぐらいになめので、そういう時を狙いましょぅ。

また一度購入すれば視聴期限なく受講でき、30日返金保証があるので安心です。

プログラミングだけでなく、とても幅広い内容の教材がそろっています。

Python、Ruby on Rails入門 オンライン講座などのプログラミングや、

Adobe Premiere Pro オンライン講座や、Webデザイン入門オンライン講座などもあります。

ただし、あくまで自主学習ですので、自分でやることのできない人には無理です。



プログラミング講座比較まとめ

スクールオンラインの有無向いている人学習内容
GEEK JOB
完全オンライン学生の就職、20歳代の転職WEBアプリ系プログラマー
TechAcademy [テックアカデミー]
完全オンライン転職、フリーランス、起業PHP、JAVA、Ruby、Pythonなど殆どの好きな言語を学べる
CodeCamp完全オンライン転職、フリーランス、起業PHP、JAVA、Ruby、Python、スマフォアプリ開発言語
Tech Boost有り但し一都3県転職、フリーランス、起業Webアプリケーション
【ポテパンキャンプ】完全オンライン転職Webアプリケーション(Rails)
.pro無し転職、フリーランス、起業Webアプリケーション、Python特化型コース有り、SEO
DMM【DMM WEBCAMP】
無し転職、就職Webアプリケーション

Webアプリケーションの場合、HTML、 CSS、 JS、 jQuery、 Ruby、 Railsが主体です、Pythonは無いと思います。

ブログやアフリサイトを作るだけなら必要ない

ブログやアフリサイトを作りたいだけであれば、

ワードプレスやシリウスのような簡単なツールがあります。

その場合WEBアプリケーション作成に必要な、

Ruby、 Rails、PHP、JavaScriptなどが無くても全然かまいません。

自分のサイトを作るだけならば、

世界最大級のオンライン学習プラットフォーム Udemy で、

ワードプレスについて学べばサイトの構築は誰でもできます。

また、アフリエイトで稼ぎたいのであれば、

プログラム言語の学習では無く、アフリ独自のノウハウを学ばないと

見ためるデザインの美しさや、機能豊富さで稼げる訳ではないので、

その辺を誤解してはいけません。

他人、他社のために、WEBサイトを作るという仕事をしたい方が、

WEBアプリケーション言語や、機械語を学べばいいという事なので、

その辺をごっちゃにしないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました