もしもドロップシッピングでネットショップを始めてみよう

もしもドロップシッピングでかんたんネットショップ 在宅ワークパソコン仕事

自宅に居ながらPCを使って、ネットショップをかんたんに開業するやり方の一つに
もしもドロップシッピングを利用してネットショップを開くと言う方法があります。

通常ネットショップを開く場合は、販売したい商品を仕入れてその商品を掲載するか、自分で作ったものを商品として載せる事が殆どですね。

でも商品を仕入れていざ販売しようと掲載して、思うように売れなかった場合などは商品の在庫を抱えてしまい、在庫過剰のリスクを抱えてしまう状態になってしまいます。

商品在庫を抱えずに尚且つ、商品が売れたときでも商品の発送や、購入者への対応なども自分自身の手を煩わせることなく対応できるネットショップがドロップシッピングを利用して始めるネットショップなのです。

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングとは、商品の仕入れや商品が手元に無くても、ネットショップが開けるシステムのことです。

ネットで「ドロップシッピング」で検索すれば、ドロップシッピングサイトがいくつか出てきます。

このドロップシッピングサイトに登録して、そのサイトの中にある商品の中から自分が売りたいものを選び、自分のネットショップに掲載して販売する方法です。

通常のネットショップと違うところは?

通常のネットショップ運営では商品が売れた場合、自分で購入者への連絡などの対応、仕入れや在庫の確認、商品の梱包、納品書や請求書などの書類を作成して商品を発送をしなくてはいけません。

しかし、ドロップシッピングの場合は商品が売れた場合は、自分は一切何もしなくても、ドロップシッピングサイトが直接、購入者の対応や商品の発送をしてくれます。

通常のネットショップのように、商品を先に仕入れた場合、商品が売れない期間が続いた時など、在庫がリスクとなってしまうので、ドロップシッピングがリスクは少ないといえるのは、このように在庫を抱える必要が無いシステムだからなのです。

ドロップシッピングのように、商品が先に売れてから商品の仕入れが行われる流れであれば、商品が売れずに在庫を抱え赤字となるリスクを回避する事ができます。

利益としては売り上げに対して、商品の販売料金から仕入れの料金を引いた金額が、販売報酬として振り込まれる形になります。

もしもドロップシッピングがお勧め

ドロップシッピングで検索してみると、いくつものドロップシッピングサイトが検索結果に出てきますが、その中でイチオシなのが、「もしもドロップシッピング」です。
何故ココがお勧めなのか理由をご紹介しましょう。

無料でかんたん3ステップでネットショップ

もしもドロップシッピングでネットショップを始めるには、次の3ステップだけでネットショップが作れます。

  1. 会員登録する
  2. 商品を選ぶ
  3. ショップを作る

しかも、初期費用・月額費用・商品在庫が全て無料で出来ちゃいます!

取扱い商品は40万点以上

フード・ドリンク、ファッション雑貨、家電、デジモノ、美容・健康グッズ、生活用品、スポーツ・レジャー用品など、商品ジャンルが多数用意されていて、商品は全部で40万点以上を取り扱っています。

これだけあれば、その中から自分の好きな商品を見つけて、簡単に販売ができますよね。

誰でも簡単に作成できるネットショップ

もしもドロップシッピングには、「ショップできすぎくん(無料)」と言うネットショップ作成ツールで、初心者の方でも簡単にネットショップが作れます。

合計100ショップが作成でき、ショップ作成に必要な素材も提供していて、売れるショップを誰でも今すぐ簡単に作る事が可能です。

無料で商品の販売方法をサポート

もしもドロップシッピングではネットショップ運営や、販売方法について分かり易く解説をしているので解らない事があってもすぐに解決できるでしょう。

季節ごとの人気商品が一覧で分かる「販促カレンダー」や、何をすればいいのかわからない時など、ステップごとに実践しながら学べる「あやこのトライ実践ドリル」などの無料サポートが充実しています。

また商品紹介の文書作成補助、広告用画像素材なども豊富に用意されているので、自分の感性に沿ったネットショップ作りが可能です。

WordPressと連動してSEO効果をUP

サイト作成の際、以前ならばホームページビルダーなどのホームページ製作ソフトを購入して、最初からページを作り、自分でファイルをサーバーにアップロードしないといけなかったのですが、現在ではブログを書くような簡単な操作でサイト構築が可能な「WordPress」を使って作る事ができます。

WordPressで作成したサイトは、SEO(検索エンジン最適化)効果が結構あるのですが、それプラス「ショップできすぎくん」を連動させる事で、よりSEO効果が期待できるサイト作成が期待できます。

実際この方法で、月商200万円の売り上げを出したショップもあるので、これから始められる方は、この方法を積極的に取り入れたほうがいいでしょう。

もしもドロップシッピングでは、この方法の講習会も実施していますので、興味がある方は参加してみましょう。

ゼロから始めるネットショップの作り方

もしもドロップシッピングに登録しただけでは商品を売ることはできないので、次はネットショップを作りましょう。

まずは独自ドメインを取得しよう

ドメインとは、インターネット上でサイトを識別する「住所」のようなものです。

本サイトのドメインで説明すると、http://own-job.com の「own-job.com」の部分が独自ドメインとなっています。

この「own-job.com」のなかで「.com」などは企業や商用サービスの「分野別トップレベルドメイン」と呼び、基本的にはそのサイトの特徴を呼称しています。

その為種類もいくつかあり、「.net(ネットワークサービス).org(非営利団体).biz(ビジネス).info(情報)」などがあります。

独自ドメインとは、分野別トップレベルドメインの前に自分で考えた名称を付けたものになります。

本サイトで言えば「own-job」の部分に当たります。

独自ドメインとは別に、サーバーから無料で提供されるドメインを「サブドメイン」と呼びますが、ネットショップを立ち上げるには、独自ドメインを取得したほうがいいでしょう。

独自ドメインを取得するメリットは?

サーバーから提供される、サブドメインの殆どが無料で使用することが出来ますが、独自ドメインの場合はドメインの種類によって、年間数百円~数千円の更新料が掛かります。

無料のサブドメインの方がお金が掛からなくていいと思ってしまいますが、では何故費用が掛かる独自ドメインのほうがいいのでしょうか?

同じURLを使い続けられる

無料のブログなどのサーバーから提供されるサブドメインは、例えばそこのサイトが閉鎖されてしまった時などは引き継ぐ事ができずに全て消えてしまいます。

独自ドメインであれば、何らかの理由でサーバーを変更したとしても、同じ独自ドメイン(URL)をそのまま引き継いで利用することが出来ます。

ネットショップを立ち上げる場合など、その様な事態は回避したいものです、せっかく付いた顧客を逃してしまう事になってしまいますからね。

自分自身で取得したドメインを、解約しない限りずっと使用できて、条件のいいサーバーを見つけたときなどは簡単に移行できると言うメリットがあります。

SEO効果に有利

サブドメインよりも独自ドメインのほうが、検索エンジンの検索結果に有利になる場合があると言われています。

サブドメインはサーバーから提供されているので、ドメインが同じものが多く存在します。

検索エンジンGoogleの検索結果では、上位1ページ内に同じドメイン内のページを二つ以上表示させないといった制限があり、同じサブドメインで他の人が同じようなネットショップを作っていた場合、自分のショップが弾かれてしまうと言う事も起こり得ます。

その点、独自ドメインではその様な事にならないため、サブドメインよりもSEOに関して言えば有利になると言う事です。

ドメイン取得のお勧めサイト

ドメインを取得できるサイトは数多くありますが、お勧めのところを挙げて見たいと思います。

ムームードメイン

ムームードメイン」は、.com .net .jp .co.jpなど多様なドメインを取得・登録できる国内最大級のドメイン総合サービスです。

取得した独自ドメインで利用できるメールサービス「ムームーメール」や、WordPressがすぐ使える「ムームードメイン for WPホスティング」が1ヶ月当たり500円で利用出来ます。

ムームードメインで独自ドメインを取得したら、その同じ画面で「ムームードメイン for WPホスティング」に申し込めば、WordPressを設定しなくても使えてしまうという手軽さが受けています。

ドメインの取得費用は、例えば.comで¥1,160 1年更新料金¥1,480(1ヶ月当たり¥123)となっています。

お名前.com

お名前.comは、登録実績1700万件を誇る国内最大級のドメイン公式登録サービスです。

.com .net .jpドメインなど、550種類以上のドメイン取得が可能で、ドメインを活用できるサービスも多種有り、ドメインの種類次第では取得費用が¥1~と言うものもあります。

ドメインの取得費用は、例えば.comで¥1,160 1年更新料金1,280円(1ヶ月当たり¥107)となっています。

上記2サイトでは、中古のドメインも取得する事ができますが、中古のドメインは検索エンジンの評価が残っている場合が多く、ペナルティを受けていたドメインを買ってしまうとseo効果は期待できなくなるので注意が必要です。

最初から自分の付けたい名前で取得した方が、検索エンジンの評価はゼロから始める事になりますが、リスク回避としてお勧めです。

次はレンタルサーバーを契約しよう

独自ドメインが取得できたら、次は自分のネットショップを作るサーバーを契約しましょう。

ただ金額が安いところを選べばいいわけではなく、最低限これだけのスペックは必要なポイントがあるので、そこを判断基準にしましょう。

サーバーを選ぶポイント

出来ればWordPressが利用可能なレンタルサーバーがお勧めです。

それを含めて次のポイントを押さえて選定するようにしましょう。

  1. データ転送量が多い
  2. データ容量が多い
  3. ワードプレスの簡単インストールが可能
  4. バックアップ機能が整っている
データ転送量が多い

データの転送量が少ないサーバーだと、1日あたりの訪問数が多かった場合、設定されている転送両をオーバーしてしまい、サーバーから警告を受ける場合があり、点総量が多いプランへの変更をしなければいけないような状態になるかもしれません。

例えば、ネットショップの1ページの容量が、1メガバイトのページに、1日1000人の閲覧があった場合は、1日で1 ギガバイトの転送量となります。

もし1日あたりの転送量が1ギガバイトの制限があるサーバーを借りていた場合は、それだけでギリギリの容量と言う事ですね。

また、データ転送量が極端に少ないサーバーでは、サイトの表示スピードが遅くなることがあり、検索エンジンの評価が下がる要因となり検索結果に影響してしまいますので注意が必要です。

データ容量が多い

レンタルサーバーの料金プランなどを見ると、「容量○○ギガバイト」という表示があります。

この数値が大きいほど、例えばネットショップに、より多くの商品や、商材写真などを盛り込むことが出来ます。

例えば、200ギガバイトの容量があれば、単純計算ですが1ギガバイトのページが200ページ作れると言う事ですね。

多ければ多いほど余裕が出来るので、金額と相談しながら決めるといいでしょう。

ワードプレスの簡単インストールが可能

自分のPCにワードプレスをダウンロードして、FTPクライアントと言うソフトを使ってサーバーにアップロードするのではなく、サーバーに直接簡単にダウンロードできる機能を有したサーバーがお勧めです。

バックアップ機能が整っている

ワードプレスで毎日コツコツとショップを作って、いざアップロードしようとしたら何らかのサーバーエラーでデータが消えていた…なんて事になったら心がへし折れてしまいますよね。

そんな不幸な自体を回避するため、データを自動でバックアップしてくれる機能が付いたサーバーを選びましょう。

それでは上記の条件を満たした、お勧めのレンタルサーバーを紹介します。

ロリポップ!レンタルサーバー

ムームードメインでドメインを取得したら、ロリポップ!スタンダードプランがお勧め!
動作も安定していて、データ容量・データ転送量ともに充分な容量を持っていて、電話サポートもあるので安心できます。

  • お勧め度:◎
  • 料金(スタンダードプラン):¥500~/月
  • 初期費用:1,500円
  • データ転送量:100GB/日
  • データ容量:120GB
  • ワードプレスの簡単インストール:可
  • バックアップ機能:有り

お名前.com

お名前.com(GMOインターネット株式会社)のレンタルサーバーです。
中でもSD-11プランが容量も充分ですし、マルチドメイン無制限、独自SSL導入可能と内容は充実しています。
ただ、口コミなどを見ると動作の安定性に不安があるという意見もあり、データ転送量も非公開となっているので、お勧め度はワンランク下げています。

  • お勧め度:○
  • 料金(SD-11プラン):¥900~/月
  • 初期費用:無料
  • データ転送量:非公開
  • データ容量:200GB
  • ワードプレスの簡単インストール:可
  • バックアップ機能:有り

エックスサーバー

エックスサーバーは、稼働率99.99%以上の高い安定性で、高コストパフォーマンスを誇り、月額900円(税抜)からの高品質レンタルサーバーです。
サーバーの安定性に定評があり、サイトの表示速度も速く、総合的にココを選んでおけば間違いないと太鼓判を押してお勧めできるサーバーの一つです。

  • お勧め度:◎
  • 料金(X10プラン):¥900~/月
  • 初期費用:3,240円
  • データ転送量:50GB/日
  • データ容量:200GB
  • ワードプレスの簡単インストール:可
  • バックアップ機能:有り

シックスコア

シックスコアはエックスサーバー株式会社が提供している、標準でマルチドメインに対応したビジネス仕様の高性能レンタルサーバーで、長年の経験で培った豊富なサーバー運用・保守実績があり、電話サポート、独自SSL証明書等の各種セキュリティ強化サービスなど、さらに高品質・高機能なレンタルサーバーサービスを提供しています。
どちらかと言えば、企業向けのレンタルサーバーに特化しているようで、金額もエックスサーバーのほぼ倍となっており、個人で契約するのならエックスサーバーの方が向いていると言えます。
動作の安定性では、定評があるエックスサーバーよりも安定しています。

  • お勧め度:○
  • 料金(S1プラン):¥1800~/月
  • 初期費用:6,480円
  • データ転送量:70GB/日
  • データ容量:50GB
  • ワードプレスの簡単インストール:可
  • バックアップ機能:有り

wpX

wpX(ダブリューピーエックス)は、圧倒的な高速性能を誇るWordPress専用レンタルサーバーです。
ワードプレスをメインで使いたい、他で使っていたがアクセス数が増えて動作が重くなってきたので、もっと快適に作動させたいと考えているユーザーなら、ココに移転を考えてもいいのではないかと思います。

  • お勧め度:○
  • 料金:¥1000~/月
  • 初期費用:5,400円
  • データ転送量:50GB/日
  • データ容量:30GB
  • ワードプレスの簡単インストール:可
  • バックアップ機能:有り

ネットショップの管理・運営

ネットショップはただ作れば良い訳ではありません。

利益率が高く、現在よく売れている(売れ筋の商品)ものを提供するために管理・運営が必要です。

例えば自分の趣味に沿って商品を揃えてみたとして、どのくらいのユーザーが興味を持ってくれるのか、利益は低いが数で稼ぐのかなどです。

商品の品揃えに関して言えば、自分が売って見たいものよりも現在の売れ筋を揃えた方がより集客できるようです。

またあらゆるジャンルの商品を取り揃えるよりも、一つのジャンルに絞った専門店を作った方がより購入者のニーズにあったショップサイトが作れます。

利益が低い、「薄利多売」でやっていくには相当のアクセス数を稼がないといけないので現実的に考えればあまりお勧めできない方法です。

もしもドロップシッピングでの利益率は、商品次第ですがおよそ商品価格の5~20%の利益率となっているので、自分が取り扱いたい商品の利益を考慮しながら、ショップの商品構成を考えないと利益が出ない事になりますね。

集客の方法は?

ネットショップはショップへのアクセスをいかに稼ぐかがポイントになります。

さらに訪問者の興味を引き、購買意欲をわかせるための商品説明や商品を表示させる「見せ方」などや、取扱商品に対しての知識も必要となります。

アクセスがあってもショップに魅力が感じられなかったら購入者の購買意欲がそがれてしまうことになってしまいます。

訪問者に対して「買ってみよう」と思わせるショップ作りも大切ですね。

集客方法としてお勧めなのは、無料で出来る「ブログ」や「Twitter」などで、関連商品を紹介してショップに誘導する方法です。

リスティング広告などで集客する方法は広告費がかかるので、利益が出始めてみてから考えてみてもいいでしょう。

人気商品は品薄になりやすい

ドロップシッピングサイトには、数多くの商品が用意されていますが、売れ筋で人気の商品となれば、他の利用者と登録する商品が被ることも多くなってきます。

売れ筋の人気商品は、他の利用者も自分のネットショップで売るために、品薄や品切れになりやすくなります。

思った以上に、日常的に商品管理が必要となり、商品の入れ替え作業が多くなる場合があります。

まとめ

ドロップシッピングでのネットショップでは、自分で簡単に低リスクで商品を販売できるので気軽に始められるやり方です。

デメリットと言えば、集客の問題や人気商品の選定、サイトの効果的な作成方法や商品管理などがありますが、まずはドロップシッピングサイトに登録して、実際にネットショップ運営を体験してみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました