副業副収入情報

仕事データ入力の仕事、求人、収入は?

データ入力の仕事をしたい方が知りたいこと 現在仕事をしているけどもっとお金を稼ぎたい、もしくは子育てで仕事に行くことはできない。 そういった理由から空いた時間に、自宅で仕事ができればいいと考えている人も多いようです。 自宅...
2020.11.27
副業副収入情報

自宅でイラスト仕事をする方法

イラストの仕事を在宅でするには イラストが得意だし、自身もある。だけど有名でもない素人がただうまいというだけで、イラストを描いてお金をもらうのは難しい。 そう思って諦めてしまっている人が多いと思いますが、実は意外と簡単にイラスト...
2020.11.27
自宅開業

自宅カフェ週末カフェ開業方法

カフェ開業資金 カフェ開業に必要な資金は1000万円ぐらいが平均です。開業するにはやはりお金がかかるものです。 ですが自宅カフェであればもっと節約することもできるでしょう。 300万円~500万円程度の資金が調達できれば、開業すること...
2020.11.27
農業で自立自営

農業経営が成り立つ売り上げはどれぐらい?1000万円が平均

農業経営が成り立つ農産物の売り上げは年間1000万円ぐらいが平均とされています。 野菜の露地栽培などでしたら、700万円ぐらいの年間売り上げがあれば、農業で食べていけるというめどが立つと思います。 年数的には、3年ぐらいはで成り立つよう...
2020.11.12
農業で自立自営

研修は販売や経営哲学まで学ぶことが農業成功の秘訣

新規に農業を開業して成功させる秘訣は、生産だけででなく、いかに販売するかいかに売り上げを上げるかにかかっています。つまり、農作物の育成方法をいくら学んでも、よいものは作れたとしても、確実に収益を上げて農業州乳だけで暮らしていくことはできない...
2020.11.12
農業で自立自営

バインダーとコンバインの違い

稲作をする場合になくてはならないのが、バインダーやコンバインと言われる農機です。 基本的には、両方とも、稲を刈るときに使う機械です。 鎌を使って、人の手で稲を刈るのは、本当に大変な労力を要しますから、一人で農業経営を始める、個人農家では...
2020.11.12
農業で自立自営

新規営農資金が一番少ない野菜の露地栽培

農業を始めるのには、結構な資金がかかります。それに対して実際に利益が出てくるのは、3~5年位かかります。その間は、生活するお金が必要にっなてきます。営農資金と、生活資金で相当な資金が必要になってしまうことを考えると・・・できるだけ営農資金が...
2020.11.12
農業で自立自営

営農計画の立て方

農業を始めるための計画、農業経営をするための計画も、いってみれば普通のビジネスを起業する際の、事業計画と同様にとても重要なものです。 農業というと、どんぶり勘定でやっていいかのようにも思えるかもしれませんが、あくまで事業としてやっていく、...
2020.11.12
農業で自立自営

国からの3つの農業のための支援資金

国が行っている就農支援資金には3つのものがあります。 就農研修資金-先進農家、農業法人、農業大学などで農業技術を週宅するための資金を融資してくれるものです。農業大学では月5万円までの支給、新たに農業を始める人が認定された農家で研修する場合...
2020.11.12
農業で自立自営

就農支援資金制度を利用すれば、無利子で借りられる

青年就農給付金は最大まで給付されれば、150万円×7年間で一千万円以上になりますが・・・年にしたら150万円ですから、生活を支えるだけで消えてしまうと思います。しかし農業を始めるには、耕運機やトラクター、ビニールハウスなどなど、数百万円単位...
2020.11.12
農業で自立自営

作目、栽培方法などを決める

農業といってもいろいろなタイプがあります。畜産だったら、酪農家、肉用、養鶏なとの選択もありますし、耕作など、耕作の場合、穀物栽培、野菜栽培、花卉栽培などの選択があります。さらに、一つの作目を専門にするのか、それとも、他の作目を組み合わせて行...
農業で自立自営

農業継承者より脱サラ新規就農者の利点

まだまだ新規就農者は、40歳代以降や、定年退職後の60歳代の人がおおいのが現実です。同じ脱サラで新規就農する人でも、実家が農家だから、それを引き継ぐことになったという人の方がずっと多いのです。新規就農というよりも帰農といったほうがいいかもし...
2020.11.12
農業で自立自営

まずは農業技術の習得とその間の生活費

農業学校に行ったのでもなければ、普通は作物を育てる方法なんて、しりませんよね。農業を始める前に、習得しなければならない技術は山ほどあります。本で読んだ知識だけでは、とても農業はできません。何よりも経験し、また経験から学んだ知識をベテラン農家...
農業で自立自営

農業を始めるための相談窓口は新規就農相談センター

就農者数は毎年減っているようですが、これから農業を始めたいとという就農希望者は、増えているようです。また就農を希望する人の理由で、消極的なもの、人間関係が嫌で、サラリーマンは向かないからとか、卒業してもほかに就職先が見つからないから、リスト...
タイトルとURLをコピーしました