事業ローン返済円滑にし追加資金を得る方法

新たな融資で返済と追加資金を得る方法

融資を受けたならば必ず返済というものが待っています。

事業拡大中で売り上げが伸びていくときであれば、月々の返済もそんなに苦しくはないと思いますが、

拡大が停滞した時、売上が減少した時は厳しいものになってきます。少し厳しくなって来たなと思ったら、直ぐに何らかの対処方法を考える必要があります。

まだ大丈夫と先延ばしにしていると、本当に苦しくなったときに、

打つ手段限られてきてしまいますから、事業ローンの返済が厳しくなったらすぐに対策を練りましょう。

リスケは最後の手段

リスケとは「リ・スケジュール」の略語でビジネス界では使われているので、知っている方も多いと思いますが、

返済が苦しくなったときに、返済計画を見直すものです。

返済期間を延ばして、月々の返済額を減らすとか、金利を下げるなどして返済を楽にする方法です。

もちろん相手方の承諾が必要になりますから、簡単にできることではありません。

またリスケはとてもイメージの悪い言葉で、危機的な経営状況であることをイメージさせるものとなりますから、

リスケを口にした途端、追加融資や新たな融資を他の金融機関から受けられなくなると思ってください。

ですから、安易に口にする言葉ではありません

最後の最後の生き延びる策として存在するということだけ知っていればいいことです。

あなたら融資を受けて返済する

借換というと、より金のが低いところで借りて、月々の返済を楽にするというイメージが強いですが、

現在の債務以上の融資を受けて、返済を楽にするという方法もあります。

たとえば、400万円の融資を受けて、返済途中で、200万円の返済が残っているところで、

返済が厳しくなったり、追加資金が必要になった場合、別の金融機関であらたに400万円の融資を受けて、

そのうちの200万円で既存の債務を一括返済して、300万円の返済だけにしていくという方法があります。

つまり借換+追加融資と言う両方の効果を狙ったものになりれます。

もちろん、月々の返済額が大奥なる可能性もありますが既存の債務の返済期間は残り短くなっているはずですが、

それに対して、新規にもっと大きな額を借りて、返済期間を長くすれば、そんなに月々の返済額が大きくならない可能性があるわけです。

また、借入額が多くなれば、金利も少し下がる可能性もありますね。

そして、100万円多く借りているので、その分で当面は返済に充てることができるので、当座の返済をしのぐことができます。

もちろん、その間に業績を回復させる見込みが全くない場合は、単なる延命策にしかすぎませんので良い方法とは言えませんね。

どこに融資を申込む?

銀行で融資を受けていて、その銀行で追加融資が受けられない場合、

他の銀行や信用金庫、信用組合などの金融機関から融資を受けられないか相談することになると思いますが、

現実的にはそれが難しい場合がおおいでしょう。

ノンバンク系の金融機関に申し込むことになります。

それでも融資の審査には通りにくいと思われるかもしれませんが、

過去に融資をを受けた規模と同じ規模の融資を受けることができる可能性はあるはずです。

もちろん、既存の事業ローンを滞りなく返済しているという条件での話ではありますが、

実績がそこまであるということは、重要なことなのです。

債務がある状態で、重ねて借り入れるのは先に融資を受けた時よりも審査に通りにくいわけですが、

その債務を借り入れた資金で返済してしまうという条件で相談すれば、

ほぼ最初の借入と同じ状態に戻すことができるわけです。

リスケと同じ効果の借入方法

前述の例で言うと400万円の融資を受けた実績があるわけですから、債務がゼロであれば、その時と同じ状況と考えれば審査に通る可能性があるという事になります。

(他の条件が違うかもしれませんが)ですから、借り入れたものの中から残りの債務を返済するという条件でまた400万円借りるのではあれば、

残りの既存の債務を期間を延長して返済するのと同じ事になるので、融資する方もしやすくなります。

例えば、5年で400万円を借りていて、2年半で200万円返済し、残り2年半で200万円の返済があるとします。

それ状態でまた400万円を5年で借りた場合、200万円で既存の債務を返済した場合、200万円の資金を残した状態で、

400万円をまた5年で返済すればいいことになるわけです。

つまりリスケを実行せずに、リスケで返済期間ほ延長したのと同じ効果があるわけです。

タイトルとURLをコピーしました