月6000円で0から始めるSNS連動アフリ教えます!

2020年でも通用するアフリエイト手法をゼロから教えます。

詳細はこちらです。

新型コロナウィルスで東京オリンピックも景気悪化!ヤバいぞ日本経済

東京オリンピックと新型コロナウィルス思っていた以上に感染力が強いのか、新型コロナウィルスが流行しています。

急激にSARS(さあず)を上回ってしまい、ちょっと驚きです。

中国では死者もあっという間に100人を突破しています。

観光客の主力の中国人が減り、さらに東南アジア圏は危険というイメージが広がれば、

凄い勢いで増えてきて日本のインバウンド需要が激減するのではないでしょうか。

中国のツアーパックがすべてキャンセルになり、すでに観光客がらみのところは大ダメージです。

それはそうと、もう半年余りに迫っている東京オリンピック、やばくないですか?

結構、そう思っている方いるんじゃないかと思うのですが、

まだ東京五輪への影響についてはあまり語られていない気がします。

逆に心配で言わない様にしているのかな・・・と思ってしまうくらいです。

感染力は当初の見込みより強そうですが、発症しない人もいるし、

無くなった方の多くは、持病があったり、高齢だったりということで、

インフルエンザ程度がそれ以下のような怖さに感じますので、

必要以上に恐れる必要は今のところはなさそうです。

ウィルスが変異して、死亡率が高くなるということでもなければ。

ただやはり新型ウィルスというインパクトは強く、感染を恐れる人は日本に来なくなるんじゃないでしょうか

東京オリンピックまでに収束するのか?

訪日観光客
東京オリンピックまでに収束することを願うばかりですが、

今回の新型コロナウィルスも実はSARS(さあず)と同じ蝙蝠を根源とするウィルスです。

ということは、SARS(さあず)の流行期間を知ることで、

東京五輪までに収束するのか推測することができるのではないかと思いました。

そこで調べてみると、2002年11月16日の中国の症例に始まり、台湾の症例を最後に、

2003年7月5日にWHOが終息宣言を出しています。

ということは、7カ月以上続いたことになります。

つまり東京五輪始まってしまいます。

ただ、収束まじかでは、おそらく人々の関心も薄れると思いますので、

ピークが過ぎていれば、五輪訪日客も大丈夫かなと思いますが・・・

しかし、すでにSARS(さあず)の感染数を上回っていますから、

これは希望的観測になってしまう気がします。

やはり東京オリンピック心配になってしまうのは私だけではない気がします。

ただし日本の景気自体はすでに後退方向にみえますけれど。

もともと東京五輪後は景気が落ち込むのではないか?という心配が元々あります。

それが、東京五輪自体での景気がよくなくて、訪日客が期待以下だったりしたら・・・

新型コロナウィルスでホテルの予約とかキャンセル多発とかなったら、景気は落ち込みますよね。

本当に心配になります。

私の取り越し苦労でなければいいのですけれど・・・・

元々第一回の東京五輪より五輪景気は低い

ただもともと、東京五輪景気は昭和39の五輪景気ほどではありませんでした。

もう過去形で書くのは、ピークは過ぎているからですが・・・・

我が家に出入りしている花農家さんの話ですが、

39年の東京五輪では、植木屋さんが大変儲かったそうです。

道路が作られれば、街路樹がたくさんいろので、飛ぶように売れたそうです。

でも、初めからわかっていたことですが、今回は植木屋さんは、全然ダメだったそうです。

道路がたくさん作られたわけでもないので、植木が売れるということは無しです。

建築関係ぐらいか景気が良かったぐらいで、

花農家も今回の五輪景気の需要は全くなかったそうです。

なので、建築業や観光業の方たちが、少し五輪で良くなるだけで、

他はもともとそんなに東京五輪で景気が上がったわけではないみたいですね。

それも新型コロナウィルスで、今年の訪日客が激減ともなれば、

日本全体の景気がとても心配になってきます。

まあネガティブなことばっかりいってても仕方がないですね。

私はどうしてもネガティブ人間なのが良くないですね。

東京五輪が盛り上がって、たくさんの訪日客に来て、日本の良さを感じていってくれることを祈っています!

貴方のお仕事には影響が出ないことを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました