月6000円で0から始めるSNS連動アフリ教えます!

2020年でも通用するアフリエイト手法をゼロから教えます。

詳細はこちらです。

南沙諸島戦争勃発危機!?米英豪の空母集結・ヒューストン中国領事館閉鎖。なぜ日本のマスコミは無視?

米国が南沙諸島に空母打撃群をおくって、軍事訓練をしているのは、

つい先日に報道されていましたが、ヒューストンの中国総領事館ほ閉鎖しました。

米政府、在ヒューストン中国総領事館に閉鎖命令 中国側が反発
(CNN) 中国外務省は22日、米テキサス州ヒューストンの総領事館を閉鎖するよう米政府に命じられたとして強い反発を示した。https://www.cnn.co.jp/usa/35157189.html

今南沙諸島に、英国の空母、オーストラリアの空母が集結しています。

これ米英豪が戦争を決意てしいるとしか思えないのですが・・・

中国もこの辺で軍事訓練などしていますから、一触即発ではないかと思います。

逆に米国は、それを狙っているとさえ思えます。

米海軍の原子力空母2隻、南シナ海で再び軍事演習
米海軍の「ニミッツ(USS Nimitz、CVN-68)」と「ロナルド・レーガン(USS Ronald Reagan、CVN-76)」のニミッツ級航空母艦(原子力空母)2隻が17日、南シナ海で再び軍事演習を行った。

米海軍の原子力空母2隻、南シナ海で再び軍事演習[政治]
 米海軍の「ニミッツ(USS Nimitz、CVN-68)」と「ロナルド・レーガン(USS Ronald Reagan、CVN-76)」のニミッツ級航空母艦(原子力空母)2隻が17日、...

現況、軍事基地化している南沙諸島は、世界的に違法と認識されていますから、

米国は、先行して爆撃をすることも考えられます。

世界の主要国は、それを非難はしないでしょうから、

米国はそれを恐れはしないでしょう。

後は、中国がどう出るかです。

とても米国には太刀打ちできませんが、報復しないと国内を押さえられません。

中国が反撃をした場合、南沙諸島のみの局地戦では済まないかもしれません。

そうすると、かなり戦果は拡大する可能性もあります。

ただ、米国も中国本土迄乗り込む気はないでしょう。

南沙諸島で中国が完敗したら、おそらく中国国内で分裂がおきるでしょう。

習近平が追い落とされるだけで済む場合もあるでしょうが、

内戦に発展する可能性もありますね。

民主化国家も内部分裂であり得るかもしれませんね。

しかし、なんで日本のマスコミは、こんな危険な状況を報道しないのかな?

相変わらず、感染者の増加、GO TOキャンペーン叩き・・・

そんな国内の危機感ばかり煽って、世界規模での危険な兆候は、

全く無視なのか・・・

米国は中国への強硬姿勢もう繰り返し強めているのに

今年の初頭には、米国は尖閣に基地を作ることを検討している。

そのことさえ、日本のマスコミは報じていないから、

殆どの日本人は、米国が中国に本気モードに入っていることを知らない

2021年に新たな基地を尖閣に作ることを検討している
米陸軍長官ライアン・マッカーシーは、1月10日、軍事関連の情報をまとめたジェーン年鑑で有名な出版社HISマーキットの記者アシュリー・ロックのインタビューの中で2021年に新たな基地を尖閣に作ることを検討していると答えた。https://hanada-plus.jp/articles/283

米国は、ことにら入り、はっきりと、中国の南沙諸島に対する行動を

「違法」で「全く根拠のないもの」と明言し始めた。

放置していたオバマ政権とは全く違う

米、南シナ海巡り対中強硬姿勢強める 領有権主張は「違法」
ポンペオ米国務長官は13日、南シナ海の海底資源を巡る中国の権利主張は「違法」だと述べ、同海域における中国の行動への批判を強めた。米中関係の緊張が一段と強まる可能性がある。https://news.yahoo.co.jp/articles/0f1bff96e1bc39555c278448ff2c4e4785a8addd

おそらく、大統領選挙の支持率から、トランプ大統領が、

中国への軍事行動に入るメリットもこの夏とても高くなる。

バイデンになって、中国に柔軟になる可能性を考えると、

このまま中国共産党が世界を牛耳る将来を想像するならば、

今のうちに、中共を崩壊させた方が、世界の平和にはいいと思いますので。

局地的な戦闘で、中共が倒れてくれた方が、世界全体へのためにはいいと個人的には考えています。

ただ、世界戦になるとちょっと怖いですよね。

ロシアは今原油安で弱っているので、戦えないと思うので、

おそらく中国と共闘することはないでしょう。

北朝鮮もそんな余裕はないでしょうし

イランも負ける闘いはしないでしょうし、

パキスタンやアフリカ諸国もそんな力はないと思うので、

中国対米英豪日でしょうかね。

タイトルとURLをコピーしました