月6000円で0から始めるSNS連動アフリ教えます!

2020年でも通用するアフリエイト手法をゼロから教えます。

詳細はこちらです。

ヤバいぞ、新型コロナは「抗体が作られない」だから再感染!抗体ワクチンが効かない可能性?

新型コロナ抗体ができない恐ろしい情報が入ってきました。

なんと、新型コロナで抗体ができていない回復者が沢山いるそうです!

調査した175人のうち10人の患者(6%)は、コロナウイルスへの抗体が検出されなかった。患者が産生した抗体レベルは年齢と相関するようだ。中年および高齢の回復患者はより高い抗体レベルを有していた。そして、検出可能なレベルのコロナウイルス抗体が存在しなかった患者10人のうち、9人は40歳以下だった。https://www.businessinsider.jp/post-211087

被験者の約30%は抗体レベルが極めて低かった
被験者の約30%は抗体レベルが極めて低く、そのうち10名はその抗体力価が検出可能な最低レベルを下回っていた。また、高齢であるほど抗体レベルが高い傾向があり、60歳から85歳の被験者は、15歳から39歳までの被験者よりも、抗体力価が3倍高かった。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/3-195.php

つまりです、若い人ほど、重症化しにくいデータが出ていますが、若い人ほど抗体ができない

できたとしても弱いというか少ないということです。

高齢な人ほど、症状が重くなりますが、その分しっかりした抗体ができている人が多いということです。

抗体ワクチンが効かない可能性!?

ここから恐ろしいことが推測できますね。

ワクチンの多くは、弱いウィルスや不活性化したウィルスを体内にいれて、

体内で抗体を作らせることで、予防します。

インフルエンザワクチンなどがそういうものです。

しかしです、弱いウィルスどころか、普通にウィルスに感染しても、

抗体が作られないとか、作られていたとしても直ぐ消えてしまうとかだったら、

ワクチン接種しても効かないということになります。

いま開発させれているこの手のワクチンが黄色信号だということです。

抗体検査も意味がなくなる?

PCR検査は、実は新型コロナだけでなく、古いコロナも同じ遺伝子なので、

普通の風邪のコロナ感染でも陽性がでてしまいます。

(これ知らない人多いですが、武田教授がいっていました。)

だから制度が低いので、抗体検査もした方が良いということなわけですが・・・

感染しても抗体ができない人がいるんじゃ、

かかっていても、抗体検査では判別できないということになります。

これって、もうお手上げですかね?

再感染、再活性化で何度もかかる!

この厄介な新型コロナウィルス、このことが間違いないことだとすると、

感染して治った人でも、また再感染する

またはウィルスが残ったままで、一度回復したのに、また発症するということになります。

40歳未満の若い人ほどその可能性が高いようです。

何故そのような結果になるのか推測すると、

年齢を重ねた人は、何度も普通の風邪として、古いタイプのコロナに感染して、

ある程度抗体が作られた過去があるからなのか・・・

それとも年齢の高い人は、強い症状がでるので強い抗体が作られやすいとか、

そんな理由があるのかもしれないですね。

この辺は、まだまだ研究が進んでいないので、誰にも別りませんが、

でも、すでに、治ったのにまた発熱して症状がでたとか・・・

回復後陰性から、また陽性反応がでたなどの報告が出ていますから、

この抗体ができないというのはかなり確率の高い事実の可能性がありますね。

ロイター通信は11日、WHOが書面を通じ「新型コロナウイルスのPCR検査で陰性判定を受けた人が数日後に再び陽性と確認される事例が出ているということを認知している」と伝えてきたと報道したhttps://japanese.joins.com/JArticle/264756?sectcode=400&servcode=400

完治して退院したが再び確診…10件以上発生に韓国当局「深層調査が必要」
https://japanese.joins.com/JArticle/264754?sectcode=400&servcode=400

抗体そのものか免疫グロブリン製剤(抗体)に期待

ウィルスを不活性化して作るワクチンはダメな可能性があるので、

治療には、回復者の抗体を直接入れるのが有効そうですね。

ただし1人の回復者からとれるのは2人分ぐらい・・・

しかし、できない人や不十分な人もいるわけで、とても全感染者に使える量は無理です。

それに、他のウィルスが入ってしまい、別の感染症になるリスクもあります。

武田薬品が開発している、免疫ブログリン製剤(抗体取り出して薬にしたもの)ならば、

治療や予防に聞いたできそうです。

とにかく厄介なウィルスです。

こんな手の込んだサイレント忍者ウィルス、

本当に自然発生とは思えなくなってきました。

やはり、ウィルス兵器ではないのかと疑いたくなりますね。

武漢のウィルス兵器研究所、中国は爆破して跡形もなくなっているとか・・・

こうなると証拠隠滅としか思えなくなるんですけれど・・・

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました