月6000円で0から始めるSNS連動アフリ教えます!

2020年でも通用するアフリエイト手法をゼロから教えます。

詳細はこちらです。

尖閣は既に包囲済み・お盆明け漁船団で、尖閣の施政権を中国奪取予告?日本に対抗策は無い?!

1週間ほど前、米国が突然、尖閣で日本を支持すると、

まるで軍事行動をするかのような発言がありました。

在日米軍トップ「尖閣周辺で日本を助ける義務まっとうする」
在日アメリカ軍のトップは、沖縄県の尖閣諸島の周辺で中国の船が日本の領海にたびたび侵入し、かつてなく活動を活発化させているとしたうえで、アメリカ軍として周辺海域での警戒監視や情報収集を強化して日本を支援するという考えを示しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012540041000.html

尖閣は日米同盟の対象という発言よりかなり踏み込んだ発言に思えて、

どうしたのだろうとよく調べたら、

既に尖閣諸島を中国が包囲している事がわかり、これはヤバいと思いました。

中国海警局の巡視船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領海に侵入する際、中国海軍のミサイル艇が巡視船に連動して台湾付近に展開していることが1日、分かった。

4月14日から今月1日まで110日連続で巡視船が尖閣周辺を航行した期間にも同様の動きがあり、中国本土ではミサイル部隊が展開していることも判明。
https://www.sankei.com/politics/news/200802/plt2008020001-n1.html
*8月4~日台風のため一時撤退している模様

中国軍対艦ミサイルで威嚇

TVでは100日以上中国の公船が尖閣にやってきているというのは報道されていましたが、

その背後に、対艦ミサイルを積んだフリゲート艦が配備され

さらに沿岸には対艦ミサイル部隊が配備されていたのです。

なんでマスコミはこんな重要な事を放置し、GOTOキャンペーン批判ばかり

首相が何も記者会見しないことばかり取り上げてるの?

これって、戦争一歩手前の状態で、政府はそれどころじゃ無いでしょう!

バカなのにんんのマスコミって、全部中国あげあげなの?

中国、漁船を送る事を予告?

中国、漁船群の尖閣領海侵入を予告 「日本に止める資格ない」
大挙侵入予告といえる主張を伝えてきたのは、7月2~5日に中国公船2隻が尖閣周辺の領海に侵入して操業中の日本漁船1隻に接近し、平成24年の尖閣諸島国有化以降で最長の39時間以上も領海にとどまった時期だ。
中国政府当局は「日本の海上保安庁は(尖閣周辺で)1隻の日本漁船すら航行するのを止められなかった」と批判。「数百隻もの中国漁船の(尖閣周辺での)航行を制止するよう(日本が)要求する資格はない」と述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/66d4e285a37f18f4346c891a7d3bb64137f83e53

中国は日本が日本の漁船を止められないのだから、中国の漁船の侵入を止める資格はない言っているのです。

つまりこの前提は、尖閣は領土の係争地であるのだから、という根本的なところで、

日本固有の領土では無いというところから発せられてせられているのです。

もちろん身勝手な論理ですが、これが中国の戦略です。

日本は今の憲法では対抗手段無し黙って見ているだけ?

今、中国では漁船が準備されているようです。

沿岸で漁船を摘発して、接収しているのではないかという噂も流れています。

つまり漁船に民兵を乗せて、尖閣に漁民を装って集結させると言うことです。

数千とも1万隻ともいわれています。

もし、漁船が大量に押し寄せたら、どんなに海上保安庁が取り締まっても、

どうしようも無い状態になります。

中国も海上警察(海警局)を出してきます。

この中国の公船、海軍の古い小型船を改造した、

警察船とは名ばかりの機関砲などを装備しています。

海上保安庁の人たちは、自衛官でもないのに、かなりのリスクを負います。

かといって自衛艦を送れば、中国の思うつぼです。

まさか、領海内に入ったからと言って、漁船に日本が発砲はできませんから、

ただ日本は中国船が制海権を握るのを見ているしかないのです。

領海内でも攻撃できない?

日本国憲法は、他国民を信頼して作られた憲法ですから、

相手に攻撃されるまで、反撃できないのですしね。

おそらく領海内に入っても攻撃命令は出ないでしょうが・・・

もし、中国船が領海内に大量に侵入しても、攻撃できなければ、

中国領と認めるようなものです。

もし、領海内に入った中国海軍に威嚇射撃したら、

後方に控えた、ミサイル艦やフリゲート艦が即座に、

そして躊躇無く、対艦ミサイルを撃ってきます。

イージス艦なら、ある程度までは、迎撃できますが、

沿岸からの対艦ミサイル部隊が撃ってきます。

飽和攻撃されたら、数隻のイージス艦では太刀打ちできないでしょう。

ただ、そこまで来たらさすがに、米軍がやってきますし、

おそらく、中国海軍を日本の潜水艦がいつも射程に捉えているでしょうから、

自衛艦が攻撃されたら反撃するでしょう。

ここまで発展したら、逆に中国が痛いことになる可能性があります。

ただ、それまでに、日本の自衛官は死者を出すことになるでしょうし。

貴重なイージス艦も何隻が失うことになるでしょう。

出動艦船全滅かもしれません。

海保もどうように死者を出すことになります。

先に撃てないというのは、そういうことです。

それでも死者を出すまで、日本国憲法は改憲できないでしょうね。

自衛官や海上保安官に死者か数名でても改憲に反対者はいるでしょうしね。

平和憲法だから、戦争しないで済んでいると思っている人が、

日本にはまだまだ沢山いますからね。

だから、日本はきっと何もできないまま、

中国に尖閣を奪われる確率が高くなります。

台風接近で、一時退避した中国軍ですが、

8月16日前後の漁船の大量侵入は、消して可能性は低くなっていません。

中国は尖閣が一番奪取しやすと考える?

中国は既に南沙諸島を軍事基地化しています。

台湾も視野に入れています。

でも台湾攻撃は、即座に台湾軍に応戦されます。

米軍も直ぐやってきます。

つまり、反撃はずっと尖閣奪取より速く、ダルメージも大きいのです。

だから奪取しやすいのは、尖閣諸島だと中国は思っているはずです。

漁船で制圧して、既成事実を作り、上陸し、

公船が乗り込んでしまえば、後方に控える中国海軍との戦闘を避け、

日本は何もできずに終わる可能性が高く、

まだ日本が攻撃せずに、施政権を失えば

自衛艦が一発も撃たずに済んでしまえば、

米国が先に中国に手出しはできないですから、

中国は戦闘をせずに尖閣を支配下における可能性があるのです。

つくり中国は日本国憲法があるからこそそういう作戦を計画できるわけです。

あとは、中国がどこまでやるかだけです。

国内的に追い詰められているとすれば、習は事を起こすでしょう。

事を起こすことで、支持をえようとするでしょうし、

国内の目を外に向けさせ、より強権的な支配を国内にふるえるからです。

タイトルとURLをコピーしました